S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

大佐

Author:大佐
奥尻アウトドア愛好会
会員No1『寒がり釣り師』
北海道の離島『奥尻島』在住
昭和57年生まれの27歳です
今までにいろんなことを経験してきて
思ったこと
まだまだ物足りない!
せっかく奥尻島に住んでるのだから
この魅力をみんなに伝えたい
この魅力をもっと感じたい
ということで
2009年よりアウトドアチックに生きる!
という勝手な目標を立てることに
意外と島に住んでると見落とす
島の魅力
海・山・川
すべての魅力があるこの島に
誰かが興味を持って頂けたなら
うれしく思います

とか言って自己満足じゃん?
とかはなしです( ̄∀ ̄*)

☆トリプルオー(OOO)メンバー☆
No1:大佐(寒がり釣り師)
No2:キンタロー(2回目の男)
No3:波乗りジョニー
No4:ファイヤーメン
No5:凸師匠
No6:ミストリプルオー
No7:アダルトボーイ
No8:暴れん坊ショウ君

現在8名での活動です!

メールアドレス
okushi0906@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥尻島の魅力

みなさんこんにちわ大佐です
最近時間に追われているそんな感じですが
どおしても皆さんに伝えたいこと
それはタイトルどおりの島の魅力!!!

みなさんは奥尻島はご存じでしょうか?
どこにあるの?なにがあるの?
まぁ離島なのだから海が綺麗なんでしょ?
海に囲まれてるんでしょ?
いろいろ意見があると思います!

利尻島や礼文島
最北端に位置し利尻富士や昆布
が有名で結構知られているんですよね
ですが奥尻島は???
実は北海道の方でも正確な位置を
知らない人が多いのです!
それはなぜなのでしょう?
これといった起爆剤がない?
それは違います!
アピールが下手なのだと私は思います

じゃあ何があるの?という話ですね
そこで簡単に島の魅力について
私が知っている部分だけご説明です

まずは奥尻島が力を注いでいるもののご紹介
それはウニ(ムラサキウニ)
IMG_5314.jpg

そしてアワビ(蝦夷クロアワビ)
IMG_4899.jpg


なんといってもこれでしょう
ですが私個人としてはそれほど面白くありません
これらは他の離島にもあるもので
奥尻島の魅力の全体ではないのです

他にも観光名所としては
数ある奇岩の中の1つ『なべつる岩』
IMG_50261.jpg
などがありますが・・・
私が今回ご紹介したいのはこういったものではなく
もっと身近にある魅力です

例えば釣りも一つですが
その釣りをする海の綺麗さに注目します
IMG_5103.jpg
IMG_5102.jpg
どおでしょうか?
この透明度!!!そして色!!!
こんな綺麗な海に囲まれています
身近にあり過ぎて気がつきませんが
本州から来た方に海を見せたとき
すきとおり過ぎて怖いと言われたほどです
ぜひみなさんにも見て頂きたいです

その他にも海だけではなく
奥尻島は水も綺麗な水があり
数多くの川が存在します
その川には魚もいます
アメマスやイワナやアユやヤマメ
他にもいろいろといるのです
残念ながらそこら辺はないがしろに
されている状況にあります
離島の中に川があり
さらにはこんなにも多様種の魚や生物がいる
ということはまるで注目されておりません
個人的に残念なことであります

さらに山では
山菜が豊富です!
都会の方が来られたならば
さぞビックリするであろう量の山菜が
いたるところにあるのです
キトビロ・フキ・ゼンマイ・たらの芽・ねまがり茸
これはほんの1例です
しかも奥尻島には
毒蛇やクマといった生物はいません
これも残念ながらそれほど注目されてはおらず
地元の方が知っている!
にとどまっている現状にあります

さらには
奥尻固有の花
例ではオクシリエビネなど
いろいろな花も見られます
残念ながらこれらは
天然記念物であり
一昔前にこれを狙った人たちが
乱獲してしまい
ほとんど見られないものになってしまいました
しかし
それでもたくさんの花も見ることができます
これも知る人ぞ知る
そんな状況です

他にもクワガタやオオワシやオジロワシ
探せばもっと
そういった物や生物等
日常に見られる島なのです

ある人が私に言いました
『なにもないからこそ良いよね』
たしかにそれはわかります
なにもない?とはおそらく
人間社会的に何もないのであって
自然という観点では他にはない魅力が
ゴロゴロとあふれているのです
それが当たり前になってしまい
誰も気づかずに伝えれない
そんな気がしてならないのです
こういったものに興味がないのであれば
しかたがないのかもしれません
近代社会の流れですね
だから誰も気がつかないのかもしれません

さらに残念なことにこれらは
観光で島に訪れた方も
気がつきにくいという点です
いわゆる観光スポットを巡っただけでは
そういったことに気が付ける体制になっていません
もったいない限りです

町もいろいろと手は考えている?
そんな感じがしますが未だ未熟
厳しいですがそう感じます
ですが未熟ということは
これから伸びる!という可能性があります
あくまで可能性ですが・・・
それを成功させるのは
我々町民と町が一緒に考えていかなければ
ならないと思います
町だけ町民だけ
だれかだけ・・・
そんなことにならないように願っています

難しい話になってしましましたが
とにかく私はこの奥尻島の魅力が
一人でも多くの人に伝わってほしいと
願っているのです

最後に明るい話題をw
今、島では
新たな取り組みとして
漁業のみに頼らず
農業や観光に力を入れています
以前から
北海道の島唯一の稲作やアスパラ栽培も
していますが
昨年9月からは奥尻ワイナリーでワインの醸造
が始まっています
観光名所としても期待できますし
葡萄栽培も島で行っており
葡萄も奥尻島産なのです
興味のある方は調べてみてくださいね^^

そしてこの日記を見てくださった方が
誰かに伝えて頂き
その方が興味を持っていただいたくとが
あったなら、
私はうれしく思います

長くなりましたが、私も伝え方が下手で
申し訳ありません
最後に個人的に好きな風景の
無縁島の夕日です
無縁島夕日2
無縁島夕日3

読んでいただいた方
本当にありがとうございます
スポンサーサイト

記録日記

徐々に暖かくなってきたこの頃です。
ここでは記録的に奥尻島で
釣ったもの、採ったもの等の奥尻島産を
記録・紹介していきたいと思います。(画像のあるもの)
☆魚介類☆
P1170009.jpg 
クロソイ:28cm
20090127201434.jpg 
磯カジカ
P1290076.jpg
ホッケ:41cm
CA343857.jpg
本マス:56cm
20090125103238.jpg
ベッコウガサ

2月9日
現在で魚介種:5種

これからどんどん追加してく予定です
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。